授乳中の猫のためのキャットフードル

妊娠中の猫専用のキャットフードというのはありませんが、母猫のために作られているキャットフードは、子猫用の物と代用出来ます。
キャットフードには、色々と種類があり、猫の成長に合わせた変更が必要になりますが、妊娠している猫には子猫用のキャットフードを与えます。

猫の妊娠期間は約二カ月という短さですが、妊娠後期になると猫の食欲が増します。
この時は、成長する子猫の為に、母猫にもかなりの栄養が必要になりますので、食事のバランスなどを考慮して与えなければなりません。
また、この時期の子猫は、急激に成長するので、なるべく栄養価の高いフードを与える必要があります。

妊娠中は、普段よりも多くのタンパク質やカルシウムを必要としているので、子猫用のキャットフードのように、多くの栄養素が入った物を与える事が必要になります。

出産が近づくと、出産するための場所を探し始めるので、様子がおかしくなります。
妊娠中の場合では、一度に沢山食べる事が出来ない場合がありますが、そういった時には、食事の回数を増やし、しっかりと栄養素を吸収出来るようにして工夫する必要があります。

猫も人間と同様に、妊娠すると多くの栄養素を求めるようになるので、子猫の成長に合わせて必要な栄養価が変化します。
出産した後は、食欲が落ちる場合がありますが、問題ありません。
しかし、子猫に母乳を与える事もあるので、母猫はその分しっかりと栄養を取らなければならないので、キャットフードも子猫の物を与えると良いのです。

授乳時期は終わったら、普段通りで、成猫用のキャットフードに戻して挙げましょう。
猫の妊娠と出産、産後の授乳時期には、猫の成長のために必要な栄養素が沢山必要になる為、一時的に変更してあげる必要があるのです。
変更しない場合には、食事の他に子猫のためのサプリメントを与えてあげましょう。

成猫用のフードでは、子猫の成長に必要な栄養素が不足してしまう可能性がるので、不足している分を補いましょう。

この様に、一時的に成猫用のフードから子猫用の物に変更する時が来る場合がありますが、食事の種類の変更は、妊娠が分かった時には、出来るだけ早めに行う事をお勧めします。