キャットフードと愛猫のストレスの関係性

猫も生活環境で色々なストレスを感じる場合があり、それが起因して病気になってしまう事もあります。
キャットフードもストレスを与える原因となるので、与えるキャットフードを選択する場合は注意が必要ですし、ストレスの症状も色々あります。

猫も何らかの原因により、脱毛症になってしまう事があります。
脱毛症の原因はアレルギー性皮膚炎やストレス、皮膚糸状菌などが原因であり、どれも次第に毛が抜けていきます。

皮膚糸状菌、アレルギー性皮膚炎などは、カビや食物アレルギー等が原因であり、何が原因なのか判断する事が可能ですが、ストレス性の場合は、何が原因なのかわからない場合が多く、原因不明の脱毛症という診断結果となります。

ストレスが原因で、脱毛症になる場合、その原因としては環境変化が一番の原因と考えられます。
飼い主が猫に愛情を注ぐ時間が無く、放置している状態や、引っ越しで生活環境が変わった場合、キャットフードの変更や、トイレの場所の変更等、少しでも環境や設備の変更があると、猫はストレスを感じてしまいます。

ストレスによる脱毛症や、アレルギーの症状は、お気に入りの場所やおもちゃ等、気に入っている物があれば解消できるとされている事から、猫が不機嫌になるような事を避け、ストレスを感じさせない様な生活環境にする事が大切なのです。

キャットフードによるストレスでは、今まで与えてきたものと違う場合、味が気に入らない場合に起こります。
成長に合わせてキャットフードを変更する場合や、価格等での変更、栄養価での変更を考えている場合、いきなり変更するとストレスに繋がるので、ゆっくり変更する事をお勧めします。

環境変化では、家に居る時には、常に猫がリラックスできる環境を作る事が必要であり、飼い主とのスキンシップ等が必要になります。
時間が有る時にはいつも猫をかわいがるようにしてあげると、脱毛症等のストレスによる症状は改善されていくのです。

キャットフードの変更や環境変化でストレスを感じてしまうので、猫はとてもデリケートな動物という事になります。
猫を飼う際には、生活環境を十分考慮し、ストレスを与えないような環境づくりをしてあげましょう。