歯垢ケア用キャットフードル

猫も、歯石や歯垢が歯につきますし、それを放っておくと歯肉炎や歯槽膿漏等、歯の重大な病気になってしまい、発熱や歯痛で餌を食べられなくなってしまう事があります。
その為、いつでも口腔内を清潔にしておく必要があるので、市販されている歯磨き用のキャットフードを与える事をお勧めします。

猫は人間と同じように食事の際には歯に食べ物のカスが付着し、歯垢となります。
歯垢も、唾液に含まれているカルシウムと結合してしまうと、歯石になりますので、大変落ちにくい汚れとなります。
その汚れが酷くなると、口腔内膜を通過し、歯肉に到達して炎症を引き起こす原因となり、それが起因して歯肉炎となります。
歯肉炎がさらに進行してしまうと、歯周病となり、口臭が酷くなる原因にもなります。

細菌は、歯肉の周辺から内部に侵入し、歯を支えている骨を溶かしていき、歯槽膿漏となってしまうのです。
これは、唾液の分泌量によって違うとされており、口腔内の唾液が多い猫は、歯石が付きにくく、唾液の少ない猫は歯石が付きやすいと言われています。
また、歯石や歯垢は、食べているフードによっても違いが出てくるので、気を付けましょう。

キャットフードでも歯石や歯垢の付き方が変わってきますが、その差は固い粒の大きいドライフードよりも、柔らかいウエットタイプの方が多くの歯石や歯垢が付くという事が証明されています。

その他、ドライフードよりもブラッシングが出来る大きく硬い物を与えると、歯磨きが出来るようになっているので、歯垢や歯石は付きにくく、さらに歯垢を落とす効果で歯肉炎等を予防出来ます。

大型のキャットフードには、唾液中のカルシウムと結合し、カルシウムによる歯石の変化を防止する効果のあるフードも開発されています。

こうしたフードを定期的に与えてあげると、猫の歯肉炎や歯槽膿漏等の予防につながるので、定期購入して猫の健康をサポートしてあげましょう。

与えるタイミングは、猫の歯の状態を観察して、使ってみましょう。
ジェルタイプの物と、スプレータイプの物も出ており、積極的に歯磨きを行う事をお勧めします。