ペットホテル宿泊の時のキャットフードは?

現在、ペットショップや動物病院では、ペットホテルという宿泊預かりシステムを行っている場合があります。
このサービスは、飼い主が仕事の出張等で家に居ない場合に、その期間ホテルに預ける事が出来るサービスであり、このシステムがあるので、今ではペットを飼う事が出来る方が増加しています。

そのサービスは、ペットショップ等が多くサービスしており、預かりに関しては宿泊日数で料金が違います。
また、ホテルはペットショップが運営しているため、散歩や食事等は店員が行ってくれるので、とても安心して預ける事が出来ます。
猫も同様にペットホテルに預ける事が可能ですが、犬でも猫でも食事は持参したほうが無難です。

特に猫の場合、日頃食べている猫缶やキャットフードでなければ食べない可能性が出てきますし、ペットホテルは日頃の生活環境と異なる為、ストレスになる場合もあり、食欲がなくなってしまう可能性があります。

短期間ではありますが、生活環境の違いからストレスを感じてしまうと、ペットショップが与えるキャットフードを食べない可能性が出てくるのです。
食事をしないという事を防ぐため、ホテルに預ける時にはいつも食べているキャットフードを一緒に預ける事をお勧めします。

ペットショップに預ける場合で、店内に同じものが販売されている場合は、それを利用して料金に加算してもらう事が可能な場合があるので、店員に相談してみましょう。

現在では、ペットショップの他にも動物病院もペットホテルのサービスを行っている所がありますので、そういった場合には、宿泊や食事の他にも色々なサービスを受ける事ができ、引き取りに行った時には少し様子が変わった愛猫や愛犬に再会できる場合もあります。

色々なサービスを受ける場合、宿泊料金の他に追加料金がかかりますので、申し込む場合には、料金の確認をしっかりと行いましょう。

今後もこのようなサービスを提供する施設が増加する傾向にあり、忙しい方でも猫や犬を飼い事が出来るようになる可能性があります。

預けるのが犬や猫の場合、与える餌は持参しておくほうが無難なので注意しましょう。
キャットフードの人気ランキングも参考に見てみましょう。